研究室紹介

各研究室では、より高度な専門指導体制のもと、卒業制作に取り組みます。

クリエイティブデザイン学科には、3つのコースに9の研究室(2017年度)があります。学生諸君は4年次に研究室へ所属し、3年間の基礎・技術・理論などの集大成として、各自が研究テーマを選定し、より高度な専門指導体制のもとで卒業制作に取り組みます。

◎プロダクトデザインコース
坂手 勇次 研究室 人に、社会に、市場に、未来に、正しいモノづくり
原田 一 研究室 人間の潜在能力と調和する“使いやすさ”を研究する
梅田 弘樹 研究室 人とモノの幸福な関係をデザインで示す
◎ビジュアルデザインコース
篠原 良太 研究室 力強さと柔軟さを兼ね備えたビジュアル表現の追求
盧 慶美 研究室 手わざで人々の心を動かす 日常を美しく、豊かにするデザインを求めて
古川 哲哉 研究室 思いをわかりやすく伝える デザインの可能性を考える
◎エクスペリエンスデザインコース
・長崎 智宏 研究室 プログラミングと音を活用したデザインやツールの研究
堀江 政広 研究室 デザインの力で心おどる“体験”をつくる
両角 清隆 研究室 コミュニティの活動を理解して 楽しい・うれしい体験をカタチにする

※庄子先生・西野先生は2011年度、梨原先生・中居先生は2012年度、荒井先生・鹿野先生は2016年度で退職されました。