卒業生・阿部寛史さんが書体設計したフォントが、株式会社モリサワより発表されました

2017.08.04

クリエイティブデザイン学科の前身である工学部デザイン工学科2008年度卒業の阿部寛史さんが、モリサワから発表された2017年の新書体「みちくさ」の書体設計を行いました。詳細はリンク先(http://www.morisawa.co.jp/about/news/3603)の情報をご確認ください。


<みちくさ>
ふところを絞った骨格と、やわらかく現代的なエレメントから構成される明朝体風のデザイン書体です。独創的で豊かな表情のかなは、多種多様な連綿体や代替字形が用意されており、OpenType機能を使用することで、縦組みの際に文脈を考慮した連綿体などを呼び出すことができます。(モリサワウェブサイトより)