キャンパスを飛び出し、
地域との繋がりを通しての学びは
座学では得られない、
より実践的な経験になります。
  フィールド調査・見学
東北各地の住まい町並みを訪れ、その特徴を探求します。卒業研修はもとより各種実習・演習・セミナーおよびインターンシップ等にて様々に実施しています。
  地域活性化イベントの運営支援
過疎化、高齢化といった地域事情に対して、元気な若者が貢献できる余地は少なくありません。祭りイベントの企画運営など、活性化に寄与する活動を続けています。
  産業再生支援
東日本大震災により大きな被害を受けた石巻市雄勝町地区では、硯産業が国の伝統工芸指定を受けており、その産業再生計画に協力しています。(雄勝いしのわプロジェクト三井物産環境基金2013-15)
  仮設住宅居住者の支援
震災後も長く続く仮設住宅での生活では、住環境の改善はもちろん閉じこもり生活不活発などの問題が多く、生活環境や意欲の改善に向けて寄り添い、ともに創造する活動を続けています。
  職人さんと学ぶものづくり
地域には利活用が十分でない資源や人材が潜在しています。その再評価と活動デザインをめざして、これまで恊働してきた岩手県洋野町大野村の木工や仙台市秋保工芸の里などとともにワークショップを継続しています。
  高齢者への
  
健康増進プログラム実践
生涯にわたって健康で豊かな生活を送るためには、心身の活動不活発を是正する日常の取組みが重要です。健康科学や生活支援看護の専門的知見や運動学の実践プログラムを活かして地域の健康増進活動への協力を続けています。
地域との関わりと学び