地域防災についてミクロ・マクロの視点で多角的に取り組みます
地域防災についてミクロ・マクロの視点で
多角的に取り組みます
畠山研究室
畠山 雄豪 准教授
HATAKEYAMA Yugo
担当講義科目
地域防災論、プロジェクトデザイン、安全安心生活デザイン概論、生活デザインセミナー、生活デザイン演習、生活デザイン実習、生活デザイン研修、地域居住と防災減災
専門分野
建築計画、都市計画(地域防災、景観、建築人間工学)
  研究室紹介
「地域」と一つとらえても都心周辺地域もあれば農山漁村と東北には様々な地域が存在し、魅力を持っています。そこで、地域を形成する「景」は、人々の暮らしが重なりあうことで生まれるという視点で、地域防災について取り組んでいます。そのため、多様性を持って取り組むことが重要であると考えています。具体的には、防災に関する避難行動から、地域コミュニテイ、景観評価とミクロ・マクロの視点で持って取り組んでいます。
  学生へのメッセージ
学生生活ではいかにメリハリよく活動することが大切と考えます。私の研究室では自ら課題をとらえ、自主的に研究に取り組んでいます。そのため、意志をもった活動と併せて社会に対しとらえた研究を行うことから、関わってくださる方々に感謝と誠意を持って取り組むことが大切です。地域防災という分野は多様かつ多面的な分野のためやりがいはあると思います。より良い「地域」とは何か、一緒に取り組みましょう。
  所属学会・社会活動など
【所属学会】
日本建築学会、日本都市計画学会、人間・環境学会(MERA)

【社会活動】
日本建築学会(日本建築学会計画系災害研究ストラテジー[若手奨励] 特別委員会幹事 2012-2014、建築人間工学小委員会幹事2018-)、国土交通省建築基準整備促進補助事業WG(2012-2013) 、人間環境学会(MERA)(建築社会研究委員会委員 2011-)
  研究テーマ
避難行動、利用者行動に関する研究
景観形成に関する研究
コミュニティ形成に関する研究
  主要論文
畠山雄豪・奥俊信・森傑, 視覚的様相からみた積雪寒冷地の都市景観の特徴: 札幌市中心部と小樽市中心 部の冬の景観について、日本建築学会計画系論文集、Vol.73(631).1915-1922,2008
畠山雄豪・丹羽由香里・佐野友紀,立地環境および利用者傾向が行動分布に与える影響行動観察調査からみたカフェのサードプレイス利用分析- その1-、日本建築学会計画系論文集Vol.80(711) pp.1067-1073 ,2015
佐野友紀・畠山雄豪・今西美音子, CHARACTERISTICS OF EVACUATION BEHAVIOR BASED ON OBSERVATION OF A THEATER EVACUATION DRILL, Interflam, Royal Holloway College, 2016
畠山雄豪・羽貝正美・前田成東ら、八王子市における公共施設マネジメントに関 する基礎的研究〜「地域社会サービス」の充実という視点から〜,まちづくり研究はちおうじ 第11号・八王子市, 2015
野村理恵・畠山雄豪・森傑・池添純子・栗山尚子・天野圭子・石垣文,復旧・復興プロセスを見据えた計画系 災害研究のストラテジー構築、日本建築学会 計画系災害研究ストラテジー[若手奨励]特別研究委員, 2014
畠山雄豪、桑子敏雄ら他24名, 「都市・建築の感性デザイン工学」日本建築学会編、朝倉書店,2008
女川町海ぼたる設営(研究室の活動)