日本の住まいを歴史や文化から考えます
日本の住まいを
歴史や文化から考えます
小山研究室
小山 祐司 教授
KOYAMA Yuji
担当講義科目
住まいの文化史、安全安心生活デザイン概論、生活デザインセミナー
生活デザイン演習、生活デザイン実習、生活デザイン研修
専門分野
日本建築史より具体的には、住宅史、都市空間史、建築生産技術史、建築文化財の復原修復
  研究室紹介
私たちの周辺には、歴史的な背景や価値を持っている城下町や、住宅遺産などが数多くあります。これらは、過去から現在までをつなぐものです。これらを知り、新しいものを生み出すために、地域・住まいの空間構成をひもとき、これからの地域・文化・暮らしに役立つ知見を追求しています。具体的には、歴史的町並みなどの空間構成や、古民家の間取り、インテリア空間・道具・人間の関わり方を、生活文化・様式を通して考えています。
  学生へのメッセージ
私たちの住まいや地域は変化を続けています。また、新しいもの、古いものが重なり合い現在の地域や住まいの背景を形成しています。これらの変化や相違に気づきましょう。それには、歴史や文化を学ぶことから始める必要があります。学び、経験をして、受け継いでいく事ができるのです。日本人だからといって、先天的に身についているものではなく、経験的・学習的に身につける必要があるのです。
  所属学会・社会活動など
日本建築学会
  研究テーマ
住宅から都市までの様々な空間の構成を歴史的な視点に立ち研究しています。また、古民家や社寺建築などの建築文化財の復原修理などにも携わっています。更に、それらの建築物を造り上げた建築生産組織の研究も行っております。
  主要論文
仙台藩における建築生産組織に関する研究、宮城県指定文化財旧小関家住宅復原修理設計(白石市)、仙台市指定文化財旧石垣家住宅復原修理設計(仙台市)
孝勝寺釈迦堂復原調査(2011年 仙台市新寺小路)
古民家実測練習会(2013年 みちのく湖畔公園)
城下町の復原研究 角田要害絵図(卒業研修 武林)