東北らしい地域住環境デザインをめざします
東北らしい
地域住環境デザインをめざします
大沼研究室
大沼 正寛 教授
ONUMA Masahiro
担当講義科目
設計計画演習、ランドスケープデザイン、地域の産業デザイン論、安全安心生活デザイン概論
生活デザインセミナー、生活デザイン演習、生活デザイン実習、生活デザイン研修
専門分野
建築設計、地域計画、建築歴史地理
  研究室紹介
東北地方には素朴で美しい風景がたくさんあります。古民家や木造住宅、その周りの庭園や菜園などを研究しながら、実際の建築設計・リフォームも手がけています。地域になじみ、大切にされる場所のかたち、すなわち住宅・建築を含めた「環境デザイン」について探究しています。
木造住宅の歴史をひもときながら未来像を考えたり、東北各地を歩いて東京駅に使われている天然スレート屋根の民家を探し、保存活用手法を考えたりと、教員・学生ともに、設計・研究に取り組んでいます。
  学生へのメッセージ
成熟社会に突入した現代は、短期的な利便性や経済効果よりも、広く長期的な視野にたち、身近な住環境をたてなおす取り組みが重要です。地域の大切な場所をつくり育てる環境デザインはその一つであり、調査研究だけでなく実践を伴うところに面白さがあります。当学科では多彩な専門分野を統合的に考える教育環境が充実していますし、学外の各種団体とも連携しており、就職内定率も高い数字を維持しています。ぜひ東北らしい地域住環境デザインに、一緒に取り組みましょう。
  所属学会・社会活動など
【所属学会】
日本建築学会、木の建築フォラム、市民団体・まち遺産ネット仙台

【社会活動】
文化庁長官表彰・芸術文化創造都市部門選考委員(H23-25)、石巻市都市計画審議会委員、石巻市近代建築保存整備調査研究専門委員、建築士定期講習・管理建築士講習講師ほか

受賞歴
[建築設計]
・第34回 日本建築学会東北建築賞特別賞「花壇の立体長屋」2014
・第32回 日本建築学会東北建築賞特別賞「旧仙台領内の300年継承住宅」2012
・第1回山形の家づくり大賞コンペ入選「W-Workshop集落再生のための利雪兼業農家」 2006
・日本鋼構造協会東北地区連絡会優秀作品(佳作:松本純一郎+伊藤邦明設計:宮城県雄勝町雄勝硯伝統産業会館)功労者2005
・第9回建築リフォーム・リニューアル・コンバージョン設計アイデアコンテスト佳作 「金ヶ崎の三ツ屋」2005

[研究業績]
・日本建築学会東北建築賞研究奨励賞「東北地方における風土醸成型まちづくりに資する建築史・保存再生・建築設計についての一連の実践的研究」2012
  研究テーマ
・風土に根ざした住まいのデザイン
・文化継承型まちづくりに資する建築遺産の保全活用
・陸前地方における天然スレート民家の建築歴史地理
ほか
  主要論文・著書
・日本建築学会「建築雑誌2012.1-2013.12」編集委員
・日本建築学会「地域環境デザインと継承」(共著)
・佐藤洋一郎・鞍田崇編「焼き畑の環境学」(共著)
・建築資産の経年醸成価値―大切な場所とその持続性―,日本建築学会総合論文誌第10号, pp 63-68
・金ヶ崎町城内諏訪小路伝統的建造物群保存地区における空間形態の存続を目的とした保存計画,日本建築学会技術報告集第16号, pp 253-256
ほか
設計作品例|土間と方形屋根の木の家(2013年)