安全で快適な室内環境のデザインを目指します
安全で快適な
室内環境のデザインを目指します
高木研究室
高木 理恵 准教授
TAKAKI Rie
担当講義科目
住まいの環境工学Ⅰ・Ⅱ、安全安心生活デザイン概論、生活デザインセミナー、生活デザイン演習、生活デザイン実習、生活デザイン研修
専門分野
建築環境工学、住居環境学
  研究室紹介
建物は、屋外の環境要素(熱、空気、音、光)を調整することにより、私たちの生活空間にふさわしい室内環境を作り出します。安全で安心かつ健やかで快適な室内環境を、より少ないエネルギーで、さらに自然エネルギーを利用することによって実現するために、屋外環境と室内環境、建物に備えられた環境調整のための機能、設備や機器の性能とそれらの運用方法を調査し、環境調整の在り方について考えます。
  学生へのメッセージ
私たちの研究で扱う熱、空気、音、光といった環境要素の多くは目で見ることができません。そこで研究では、様々な環境計測機器を用いて屋外環境と室内環境の状態を数値データで把握することにより、室内環境を評価して問題点を探ったり、私たちの感覚や健康状態と室内環境の関係を見たりします。室内環境のより良いデザインを一緒に考えていきましょう。
  所属学会・社会活動など
日本建築学会、空気調和・衛生工学会、室内環境学会
  研究テーマ
室内の温熱環境ならびに空気環境の実態調査
住宅における環境調整設備の運用方法や性能劣化に関する研究
太陽熱や地中熱等の再生可能エネルギーを利用した空調システムに関する研究
  主要論文
Napoleon Enteria, Hiroshi Yoshino, Akashi Mochida, Rie Takaki, Akira Satake, Seizo Baba, Yasumitsu Tanaka, Performance Test of Desiccant Heating, Ventilating and Air-Conditioning System by Using Multiple Tracer Gas Dilution Method, International Journal of Air-Conditioning and Refrigeration, Vol. 23, No. 4, 1550027-1 - 1550027-12, 2015.12 Rie Takaki, Hiroshi Yoshino, Akira Satake, Hikaru Kobayashi, Koji Moriya, Seizo Baba, Akimitsu Taneichi:A Study on Application of Ventilation and Air-conditioning System Using Desiccant Material and Solar Thermal Energy to Real Building - Outline of System and Results on System Performance of Field Survey in Summer, Proceedings of the 13th International Conference on Indoor Air Quality and Climate “Indoor Air 2014”, 2014.7
Hiroshi Yoshino, Kuniaki Mihara, Rie Takaki, Teruaki Mitamura, Kazukiyo Kumagai, Miyuki Noguchi, Haruki Osawa, Yukio Yanagisawa:Measurement of Ventilation Airflow Rates of Occupied 39 Houses by Three Different Methods, The International Journal of Ventilation, Vol.8, No.4, 299-311, 2010.3,Rie Takaki, Hiroshi Yoshino, Kuniaki Mihara, Khoukhi Maatouk:Study on Performance Evaluation of Mechanical Ventilation Systems for Occupied Houses, Proceedings of EPIC 2006 AIVC, 755-760, 2006.11
研究室の様子(室内環境計測)