安全で快適な室内環境のデザインを目指します
気候・風土に根差した
持続可能なデザイン
武山研究室
武山 倫 教授
TAKEYAMA Hitoshi
担当講義科目
住まいの計画 インテリアデザイン
生活デザインセミナー、生活デザイン演習、生活デザイン実習、生活デザイン研修
専門分野
パッシブデザイン、自然エネルギー利用、持続可能な建築
  研究室紹介
地域やこれからの時代に合った、エネルギー効率の良い住まい方は、断熱、気密、日射遮蔽など、「命の箱」としての住まいの基本的な性能をきちんと理解し、室内気候の快適さを科学して、必要なプログラムをデザインすることから始まります。私たちの研究室では、環境基本性能を確保した上で、必要なエネルギーは太陽・風・大地の熱・水・植物などの自然エネルギーを最大限利用する。バイオクライマティックデザインを研究しています。
  学生へのメッセージ
建物は、太陽や風がつくる地域の気候風土に応答して室内気候をつくっています。「いいものをつくって、きちんとお手入れをして、長く大切に使う」ということが「サステイナブルデザイン」の基本です。
生活の質を落とすことなく、持続可能な低炭素社会を実現するために、新エネルギーを使うパッシブデザインを研究しています。
  所属学会・社会活動など
【所属学会】
日本建築学会、木の建築フォラム
【社会活動】
石巻市都市計画審議会長、みやぎ新エネデバイス開発支援、町の工務店ネット、
(社)持続可能で安心安全な社会をめざす新エネルギー活用推進協議会(JASFA)

受賞歴
[建築設計]
・第1回 瀧富士美術賞(建築)1985
・省エネルギー住宅賞・IBEC理事長賞「山法師」1990
・国際太陽エネルギー学会業績賞(クリストファー・A・ウイーク賞)1997
・SB05(サステイナブル建築世界会議 2005)記念省エネルギー建築賞(審査委員奨励賞)2005
・エコビルド賞(地球のたまご)2005
・GOOD DESIGN AWARD 2011 グッドデザイン賞「自然室温で暮らせる家」2011
・日本エコハウス大賞2015 特別賞「島田の家」2015
・「木の建築賞」登米町森林組合太陽熱木材乾燥庫(ToSMS)2017 
 http://www.forest100.jp/solar/
  研究テーマ
・風土に根ざした持続可能なデザイン
・パッシブソーラーハウス
・新エネルギーデバイス
・エコロジカルデザイン
  主要論文・著書
・「太陽エネルギー利用デシカントクーリング」1995
・「AMeDASデータの外気導入式ソーラーハウス設計への応用」1997
・「太陽熱空気集熱式ソーラーと高温低湿処理による木材乾燥の可能性の検討」2002
・「高温低湿処理後にソーラー乾燥をする乾燥技術」2003
・「空気集熱式太陽集熱パネルの熱電ハイブリッド化に関する研究」2005
・「住まいを予防医学する本」(共著)2007
・「りんごのような家」(共著)2013
・A study on SOLOR ENERGY Application to Desiccant Cooling System。1997
・THE TRIAL TO ENERGY SELF-SUFFICIENCY BUILDING.2005
・ASSESSMENT CASE STUDY / THE EARTH DESIGNING SCHOOL SEMINAR HOUSE.2005
・ASSESSMENT CASE STUDY / THE EGG OF THE EARTH.2005
・[What is OM Solar]Basic System of Energy Circulation. OM Institute p.42-54 (1996)
研究室の様子