研究室紹介

各研究室では、より高度な専門指導体制のもと、卒業制作に取り組みます。

産業デザイン学科には、10の研究室(2021年度)があります。学生諸君は4年次に研究室へ所属し、3年間の基礎・技術・理論などの集大成として、各自が研究テーマを選定し、より高度な専門指導体制のもとで卒業制作に取り組みます。

梅田 弘樹 研究室 「よい生活」のためのモノづくり
大矢 隆一 研究室 人に寄り添い、社会に貢献する「モノ/コト」づくり
坂手 勇次 研究室 人に、社会に、市場に、未来に、正しいモノづくり
篠原 良太 研究室 力強さと柔軟さを兼ね備えたビジュアル表現の追求
堀江 政広 研究室 デザインの力で心おどる“体験”をつくる
下總 良則 研究室 デザインの可能性を、経営の世界に
長崎 智宏 研究室 身の回りの音の調和を考える
古川 哲哉 研究室 思いをわかりやすく伝える デザインの可能性を考える
阿部 寛史 研究室 温故知新のデザイン表現を追求する
坂川 侑希 研究室 「ヒト」を理解し「コト」をデザインする

 

<退職された先生>

庄子 晃子先生・西野 敏信先生(2011年度)/梨原 宏先生・中居 尚彦先生(2012年度) /荒井 俊也先生・鹿野 護先生(2016年度)/原田 一先生(2017年度)/ 両角 清隆先生(2020年度)/盧 慶美先生(2020年度)※盧 慶美先生は、2020年5月24日に逝去されました。