TBSラジオ3.11みやぎホットラインスペシャルに大沼学科長が出演

大沼学科長は、上記番組のゲストコメンテーターとして、各地の取り組みの可能性や課題についてコメントを寄せました。不慣れななかでの4時間生出演の番組だったのでハードではありましたが「改めて学び、考えた」とのことです。

http://www.tbc-sendai.co.jp/02radio/kizuna20220311/index.html(TBS東北放送Web Magazine)

(番宣ページより)

東日本大震災から11年。ハード面の復興がほぼ終わったと言われる中、被災地での人々のくらしは今どうなっているのか。今後何が必要と感じているのか。今回の企画では、取材リポートや中継などを交え震災から11年がたつ宮城の今を伝えます。また日頃震災をどのように伝えているかをリスナーに問いかけながら、今後の災害への備えを共有する機会とします。

ちなみに、ラジコで聴くには・・・

https://news.radiko.jp/article/edit/30627/

広報担当